MENU

マッサージで胸を大きくキレイにする方法

 

バストアップしたい人は、ただもむだけのマッサージだけでは大きくなりません。
胸のほとんどは脂肪です。
バストを支える筋肉は大胸筋という胸の上部にある筋肉です。
この筋肉を鍛えることで胸が垂れるのを防ぐことができる、ということはバストアップすることが可能になるという事です。

 

バストに何もつけないでマッサージをすると、滑りが悪く肌を痛めてしまうことになるかもしれません。
必ずオイルやクリームをたっぷりつけて滑りをよくしてからマッサージをしましょう。
保湿の効果もあるので乾燥の予防にもなります。
下から上に、外側から内側に向けて優しくマッサージしましょう。
脇の下のリンパを触って痛かったらつまりがあります。
優しく丁寧にもみほぐしてあげましょう。
鎖骨まわりを触って痛かったら、やはり詰まっているという事です。
もみほぐして老廃物を流しましょう。
わき腹から背中に流れてしまっている脂肪を中央に向かって寄せて集めます。
脂肪に、自分の居場所はここですよ!と教えてあげるようにしましょう。

 

血行がいいときにマッサージをすると効果が高くなります。
お風呂上りなどにマッサージするのもおススメです。
そして、普段の生活で猫背にならないという事を心がけましょう。

胸の大きさに関わる事について学んでみよう

胸を大きく綺麗にする方法は沢山あります。
食べ物や栄養、マッシージや運動・体操、豊胸手術、エステや整体など沢山の方法があります。

 

胸に良いとされているのはビタミンAと言われています。
このビタミンAは胸のハリを保つ役割があります。
ですのでバストUPに最適だと言われているのです。
基本的に緑黄色野菜がいいとされているので積極的に野菜を摂取するようにして下さい。

 

そして胸はの90%は脂肪です。
ですので卵を食べることも非常に有効です。
卵料理は女性も大好きですし野菜と違って美味しく毎日食べることも出来ます。
オムライスやオムレツ、卵焼き、スクランブルエッグ、目玉焼き、だし巻き卵など色々レシピを変えて食べれるのでオススメです。

 

その他には大豆イソフラボンも良いとされているので大豆は積極的に食べましょうね。
納豆はもちろん豆腐なども良いとされています。
効果的にバランスよく動物性タンパク質と植物性タンパク質を摂ることが大切です。